イニシエーション・ラブ ~乾くるみ著 文藝春秋文庫~

0

この本自体はもう7年も前に文庫化されてるんですが、今年の初めにテレビで紹介されてから

再燃して、常に文庫のベストセラーにはいっております。

流行りものはあまり読まないんですが、

おすすめコメントが一様に、「最後の最後でやられた!」だとか、「2度読みしたくなる!!」などというもので

あおって来るので、どうしても気になって読みました。

読み終えて、なるほど最後のセリフ、というか単語でおや?おかしいぞ!そういえば途中で腑に落ちない点がいくつも

あって、そういうことか!というふうになると思います。

ストーリーどうのこうのより、作者の作戦に見事にやられた感があります。

多分2度読みしても、釈然としないところがあると思います。

私はたまらずにネットで、たねあかし・イニシエーションラブなんて検索をして、熱烈なファンの解説を

読んだりしました。

とても斬新な手法で,思い込み、錯覚をうまく利用していて、謎が解けた時の爽快感はすごいかも♪

ぜひぜひ読んでみて下さい!

 

 

Share.

About Author

LivreStaff-Inoue

書斎りーぶるスタッフの井上将吾です。 今年(2015年)で19年本に囲まれた毎日を送っています。 ジャンルを問わず読みます、小説が好きで作家は桐野夏生さんです。 ご来店の際にはお気軽にお声かけください、そしてお好きな本のお話なども是非お聞かせください。

Leave A Reply